お店の利益アップにつなげよう!店舗看板に関する基本情報や豆知識を紹介します

こちらのサイトは、店舗の売り上げをアップすることができる、このような期待を高めてくれ店舗看板に関する基本情報および豆知識を分かりやすくご紹介しています。
店舗経営者必見ともいえるコンテンツになりますが、製作を行うときに注しておかないと後から後悔してしまうこともある、その注意点には何があるのかなども分かるようにしてあります。
また、店の個性をアピールできる看板づくりのコツなどにも触れているので参考にされると良いでしょう。

お店の利益アップにつなげよう!店舗看板に関する基本情報や豆知識を紹介します

お店に設置する店舗看板は、道を歩いている人にここにはこのような業種の店舗があることを知らせる案内としての役割、店舗看板の出来栄えなどからオシャレなお店やワクワクするような期待感を与えることも可能にします。
なお、看板といっても店先に設置するメニューを含めたものや入り口近くに設置する店名がメインになっているものなど色々な種類がありますが。
それぞれ店舗看板には役割があるので製作におけるコツなども変わります。

店舗看板を設置することで得られるメリットや効果

自分のお店を宣伝する、店舗看板を設置しませんか。
現在はさまざまな手法でお店やサービスを宣伝することが出来ますが、店舗看板は現在でも十分にメリットを発揮するアイテムです。
看板があるだけで、近くにお店があることを顧客にアピールすることが出来る点は、大きな利点と言えます。
掲載情報やデザインをこだわれば、店舗看板でお店の魅力を直接見ているお客さんに伝えることも可能です。
店舗看板を設置すれば、お客をそのままお店に誘導することも出来ます。
看板に目的地までの簡単な道のりや、連絡先を記載するだけで、お店に誘うことが出来るのは大きなメリットです。
設置する場所に応じて宣伝文句を変更することで、看板を目撃した人が「このお店に足を運びたい」といった気持ちにさせることも出来ます。
外装から判断しにくい店舗を持っている場合、看板が目印になることも多いものです。
そのためにも、古くから使われてきたこの手法を利用するべきでしょう。

なんでも良いわけではない!集客につながる店舗看板の特徴

店舗看板の目的は集客アップであり、そのためには工夫しなければなりません。
まず重要なのは、看板の設置場所です。
遠くからも目立つようにするには、建物の上部に大きなパネルを付ける方法が効果的です。
また人通りの動線に合わせて、看板の向きも考えましょう。
歩く人の方向や目線を考慮して設置します。
店舗看板のデザインやカラーも、集客の鍵を握っています。
例えば自然が多い山の中などで、グリーンカラーの看板を作っても背景に色が混じって目立ちません。
環境に映えるカラー選びをする必要があります。
ロゴに関しても、はっきり明確に見える分かりやすい文字を意識しましょう。
ごちゃごちゃと情報を詰め過ぎるのは逆効果です。
シンプルな看板のほうが言いたいことがよく伝わります。
効果的な店舗看板は、お店のテイストを感じさせることも重要です。
ナチュラルやアメリカンなどお店の雰囲気に合うデザインにすると、お客さんの興味を引きやすいです。
「このお店に行ってみたい」とワクワクするような看板を作りたいものです。

店舗看板にふさわしいデザインとは?

目立てばいいという考えで看板を作ってしまうと、後々後悔してしまうかもしれません。
周囲との調和が取れなくて浮いてしまうのも考え物です。
公序良俗に反するモチーフや、たとえば住宅街なのに明るすぎる看板を作ると、周囲への光害になる可能性もあります。
あくまでも限られた制約の中で、美しく効果的でオリジナリティを追求することが大切です。
店舗看板のデザインは既にさまざまな施工例がありますので、参考にしてみることをお勧めします。
自分の作りたいイメージに近い物は必ずあるはずです。
アールヌーボー風なのか近未来的なデザインなのか、和風や洋風かなど大きな項目のカテゴリーから小さなカテゴリーを選んでゆけば、細分化したモデルケースに近い意匠を選択出来ます。
店舗看板の大体のイメージが固まったのならば、アウトラインを決めてゆくのが流れです。
アウトラインさえ決めれば、色の変更などはパソコン上で行えますので、CGなどで取り込めば立体的な店舗と新しい看板をコンピューター上で確認出来ます。

店舗看板で人気の種類やタイプは?

店舗看板は、お客様を呼び込むための欠かせないツールの一つです。
店舗の看板には大きく分けて、店舗の外見に取り付けるタイプと、周りに設置するタイプの2種類が挙げられます。
外壁に取り付けるタイプには壁面や、建物から突き出した形のもので店舗側に向いていない通行人の目にも留まりやすいものや、主に店舗の正面に設置する人目を引くようなデザインにできるパペラット看板などがあります。
路上に設置するタイプには、メニューや金額など店の詳細を伝えることが可能な自立式のスタンドや、地面に固定されている看板で店から離れた場所にあり、現地に誘導するために設けられるものなどがあります。
人気の種類は、一般的な壁面看板ではありますが、店舗のイメージやコンセプトを的確に反映させることで、より自社の魅力を多くのお客様に伝えることができることがメリットです。
店舗看板には、さまざまなタイプがあるために、目的に合った看板を選ぶことが最も重要と言えます。

店舗看板を自作するなら何からどうすれば良い?

店舗看板を自作する場合には材料と工具とデザインが必要になります。
そのどれかを持っている場合はあるかもしれませんが、全てを十全に持っていることは専門職以外では考えられません。
本格的な看板は専用の機械や、特殊な工具などが必要になります。
簡単に短納期で見映えのする看板を作りたいのならば、DIYを含めて既存のサービスを利用するのがお勧めです。
現在オリジナルプリントの暖簾やTシャツなどを安い料金で作れるサービスがあるので、そういったサービスを利用して出来上がった物をアクリルパネルでサンドイッチするだけでも見栄えのする看板が出来上がります。
さらにステッカーやロゴなどで装飾すれば、お店の雰囲気は表現出来るのです。
店舗看板を目立たせようとして高い位置に取付けたり、大型の物を自作するのはお勧め出来ません。
風などで飛んでしまったら、使用者責任を問われる可能性があるからです。
建築基準法に基づいた工事ならば、瑕疵のない天災では免除されても、建築基準法を守らないで作った場合には法律的な罰則が科せられる可能性が高くなります。

店舗看板を業者依頼する場合の相場額

店舗看板を業者に依頼して製作してもらう場合、気になるのが製作にかかる費用や料金相場です。
基本的に店舗看板製作にかかる相場は看板の種類によって違いがあり、ビルの屋上に設置する大型サイズの屋上広告は相場額が20万~50万円で高所作業が含まれることで取り付け施工費用が高くなる傾向にあります。
ビルの壁面などに突き出すように設置される袖タイプは、小型の場合は相場額が8万円~12万円、大型になると15万円~40万円ほどします。
袖タイプは内照式の看板が多いため電気工事が必要となり、取り付け施工費用が高くなりやすいです。
建物壁面に設置される壁面タイプは、外照式なら数万円からとなり内照式なら10万~15万円程度かかり、デザイン性を重視した場合はそれ以上の費用が発生する場合があります。
移動式のスタンドタイプなら5,000円~10万円程度と幅広く、スタントプレートならば1万~2万円程度なのに対し、電飾看板になると5万~8万円程度と金額が高くなりやすいです。

屋外に店舗看板を設置するときに適した材料は?

屋外に設置する店舗看板は、そのままにしておいても紫外線や風のダメージが加わるものです。
見やすく丈夫な店舗看板を屋外に設置する際は、材料にこだわる必要があります。
一般的な看板は木材が使用されることが多いですが、おすすめの材料としてはアルミを使用した複合板です。
発泡素材をアルミで挟んだものですから、丈夫で軽量というメリットがあります。
柔らかい素材という利点を生かし、加工がしやすいという点もおすすめです。
店舗看板に最適と言われる素材には、塩化ビニールもあります。
塩化ビニールには水の浸透を防ぐ効果があるので、看板のむき出しの部分を覆うことで防水効果を得ることが出来ます。
ビニールは紫外線にも強いので、経年劣化を防止することも可能です。
店舗看板のカバーとして利用するだけでも、効果が得られます。
塩化シートも同じように、看板の割れを防ぐ効果があります。
アクリルを使用した看板を保護する場合にも使われているので、おすすめです。

夜間営業のお店の店舗看板を作るときの効果的な方法

夜間営業のお店は周りが暗い中でお店を開くことから、店舗看板は明るく目立たせる必要があります。
普通の看板にライトを取り付けるのがもっとも手軽な方法ですが、費用を安く抑えることができる反面、インパクトに欠けるのも事実です。
また、ライトが故障すると店舗看板が真っ暗になってしまうのでこまめなメンテナンスが欠かせません。
ネオンサインやLEDライトパネルなど、店舗看板そのものを光らせる方法もあります。
ライトで照らすよりも目立ちやすく、インパクトもあることから他のお店との差別化を図ることが可能です。
しかし、設置費用が割高になる他、場合によっては電気代が高額になることもあるので維持費については事前の入念な確認が必要になります。
暗所で店舗看板を目立たせるには明るく照らすと共に、人の目に触れやすいデザインに仕上げることが重要と言えるでしょう。
看板作りに詳しい専門業者を頼り、入念に話し合うのが夜間でも高い宣伝効果を持たせるコツになります。

店舗看板に描く情報量について知っておくべき知識

店舗看板に記載出来る情報は限られています。
だからこそ必要な情報をあらかじめ選定した上で、店舗看板を設置することが大切です。
大切なのは、お客さんがその看板を見て必要なインフォメーションを受け取ることが出来るか、という点にあります。
営業日、営業時間、場所は店舗看板に必須の記載内容です。
お客さんが目をとめたとしても、営業しているかどうかがわからなければ、集客アップを狙うことが出来ません。
加えて、どのようなサービスを提供しているのかを簡単に記載することも必要です。
飲食店であればメニュー、商店であれば取り扱いの品物を書き入れることになります。
どれがサービスの目玉なのか、どのような特徴があるのかを出来れば書き入れておきましょう。
季節限定やタイムセールスといった内容は、お客さんにとって大変魅力的なものです。
自分が看板を客観的に観察し、内容が伝わるか確認することも忘れてはいけません。
誰かに見てもらい指摘を受けることも大切です。

店舗看板に関する情報サイト
店舗看板の豆知識

こちらのサイトは、店舗の売り上げをアップすることができる、このような期待を高めてくれ店舗看板に関する基本情報および豆知識を分かりやすくご紹介しています。店舗経営者必見ともいえるコンテンツになりますが、製作を行うときに注しておかないと後から後悔してしまうこともある、その注意点には何があるのかなども分かるようにしてあります。また、店の個性をアピールできる看板づくりのコツなどにも触れているので参考にされると良いでしょう。

Search